【本】「風とマシュマロの国」ってどこにあるの? /Iceland

もい!(フィンランド語で、ハロー!てな意味。)昨日は村上春樹さんのヘルシンキ旅行記について紹介したけれど、今日はまた別の北欧国の旅行記について書こうと思います。村上さんはうっかりたまたま、欧州方面へ行くついでに短くヘルシンキに立ち寄ってみたぞという風情でしたが、今日のかたは、その場所に惚れ込んで、もう何年もそこへ通いつめていらっしゃる静かなる情熱家です。

誰かしら・・・?

ご紹介いたしましょう。こちら、「風とマシュマロの国」というタイトルのアイスランド旅行記。著者は、ふかわりょうさんです。↓

風とマシュマロの国
By ふかわ りょう

(し・・・しろい!!しろくてよく見えない!)

なんてたってふかわりょうさんは「アイスランド総合研究所」の名誉教授に任命されるほど、アイスランド愛に溢れた方。この本は、2007年秋から、毎年毎年、アイスランドへ足を運んだふかわさんの5年分の景色を綴った旅行記です。

マシュマロって?・・・それは白くて、ふんわりした、あの生き物です。そういえば、今年の干支です。どうもふかわさんは、一人でアイスランドに出かけて、現地で車を何時間も走らせて、土地の風を受け、自然と触れ合い、そうしているうちに、羊たちの棲む場所に行き着いてしまったらしいのです。この旅行記には、そんな、羊たちとの奇跡のようなシーンが、ふかわさんの文章、写真とで綴られています。ぱらぱらと、ゆっくりページをめくっているうち、ふと、「ここはいったい・・・天国ですか?」と言いたくなりますよ。平和的で神秘的な。どうやらそんな場所です。

ちなみにわたし、ほしのは北欧5カ国のうち、アイスランドにだけはまだ、行ったことがないのです。(このサイトのギャラリーに展示している写真はすべてわたしが旅に出て撮ってきたものですが、アイスランドだけ、まだ何もないでしょう。)ああ、いつ行くことになるんだろう?と、思う今日このごろです。

もし、本を読むより音を聞くのがお好きな方なら、ひとつ、おすすめの方法があります。

 ♪

 土曜日の深夜3時。ラジオをつけて、「FMの81.3」、J-WAVEにそおっとチューニングを合わせてみてください。あとは、耳を澄ませて静かに待つだけ。アイスランド総合研究所の名誉教授が「風とマシュマロの国」からお送りする、ラジオ番組が始まります。

 すると聞こえてきます。「風」の音と、それから、「マシュマロ」の声が。

 ♪  ♪  ☆"""

 音で聞くアイスランド、音で感じる北欧。旅に行けない時間は、そんなふうにして北緯66度の島に思いを馳せるのも良いかもしれません。(ほしの)